ログイン
 新規会員登録
 マイページ
 ログアウト
※パスワードをお忘れの方はこちら

■ 人気ランキング ■
第1位

茶麹乳酸菌
茶と麹そして乳酸菌が一緒になった麹屋だからできたサプリメント.。新発売からわずか3ヶ月で人気NO1に!!!!!


第2位
前立腺の友
原料、玄米と麹。以上でできた酵素飲料は販売数量300万本突破の人気商品

第3位
→源一郎さんの生マッコリ
河内菌と乳酸きのコラボでつくられた鹿児島産生マッコリ

第4位
→麹屋の食べる甘酒
麹とお米だけでてきたノンアルコールの甘酒。プリンのような容器
 
 

第5位
→薩摩自顕流
吟醸酵母仕込みで日本酒のような味わいと切れ。オンザロックがおすすめ!
■ 店長おすすめの逸品 ■
 
楽 天ID決済
友だち追加数
営業日のご案内
 
●お問い合わせ
TEL 0120-37-0995
受付時間 9:00〜17:00
年中無休
【芋焼酎】河内源一郎 銀ラベル(減圧形式)【楽ギフ_包装】  焼酎 冬ギフト お歳暮 ギフト 贈答 送料無料 お酒ギフト_0610

【全麹仕込み】河内源一郎 銀ラベル(減圧形式)

商品番号 genichiro-gin

当店特別価格10,286円(税込)

[103ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

河内源一郎とは、「河内菌白麹」の発見者で、現在、日本で造られる焼酎の約8割以上がこの「河内菌」を採用しています。

その功績を称えられ「現代焼酎の父」と称される河内源一郎を祖父にもつ山元正博は、源一郎の没後57年目の平成17年、永年の構想であった本格焼酎「河内源一郎」を蔵出しすることを決断します。

「河内菌白麹の特性を充分に発揮できる仕込みにはこれしかない!」と選んだのが本格焼酎「河内源一郎」造りの原点。麹の善し悪しが決め手となる「全麹仕込み」を採用します。

全麹の仕込み例として、沖縄の泡盛が挙げられますが、泡盛にはタイ米に黒麹を育成させ仕込みます。しかし、本格焼酎「河内源一郎」は国産米に「河内白麹」 を育成させ、これに水と酵母だけを加え発酵させモロミを蒸留します。もちろん、非常に手間が掛かり、難しい作業となりますので、国内では大変珍しい仕込み 方法となります。

また、焼酎の醍醐味を知っていただくために蒸留の方式は常圧方式と減圧方式と両方を採用しています。

極上の白麹のみが生み出す「コク・香り・旨み」をまるごと封じ込めた逸品です。

麹菌:河内菌白麹 原料米:国産米 仕込み方法:全麹甕壺仕込み(甕壺の容量400Lぐらいのもの) 蒸留方法:河内式常圧方式(金ラベル)、河内式減圧方式(銀ラベル) アルコール度数:25度 容量:720ml

【ギフト包装】 【のし対応OK】 【のし宛書OK 【メッセージカードOK】 【フリーメッセージ(お好きなメッセージが入れられます)】
ギフト対応 ラッピング対応 のし対応 のし記名可 メッセージカード フリーメッセージ