近代焼酎の父 河内源一郎直営店 鹿児島より麹に生きた男の想い届けます。 
 ログイン
 新規会員登録
 マイページ
 ログアウト
※パスワードをお忘れの方はこちら


■ 人気ランキング ■
第1位

茶麹乳酸菌
茶と麹そして乳酸菌が一緒になった麹屋だからできたサプリメント.。新発売からわずか3ヶ月で人気NO1に!!!!!


第2位
前立腺の友
原料、玄米と麹。以上でできた酵素飲料は販売数量300万本突破の人気商品

第3位
→源一郎さんの生マッコリ
河内菌と乳酸きのコラボでつくられた鹿児島産生マッコリ

第4位
→麹屋の食べる甘酒
麹とお米だけでてきたノンアルコールの甘酒。プリンのような容器
 
 

第5位
→薩摩自顕流
吟醸酵母仕込みで日本酒のような味わいと切れ。オンザロックがおすすめ!
■ 店長おすすめの逸品 ■
 
楽 天ID決済
友だち追加数
営業日のご案内
 
●お問い合わせ
TEL 0120-37-0995
受付時間 9:00〜18:00
年中無休
麹にとりつかれた麹屋に嫁いで・・・

「麹」は日本人の生活に息づく文化。その息づかいを大切に継承したい。

-錦灘酒造代表取締役 山元紀子-
紀子社長は3代目に嫁がれ、現在、代表取締役ということですが。

はい。山元の姓は源一郎の娘である義母と結婚した義父2代目山元正明からです。

源一郎氏のことはご結婚前からご存知でしたか?

ええ。私も、もとは技術者で麹の発酵研究を職業としていました。麹の世界で祖父の話はあまりに有名です。河内菌の発見者として、そして九州に焼酎製造を根付かせてくれた恩人として。土地のものだけでなく、東京の大学や研究所の方々の間でもよくお話にでます。

祖父は役人としてこの地に赴任しましたが、麹研究に集中したいため、大蔵省を退官して「河内屋」という麹問屋を創業したのです。私も麹研究に携わる者として祖父の気持ちがとてもよくわかるのです。もっと良い品質のものをつくるために、時間を惜しんで没頭したいという気持ちはどんな研究者にも通じるものです。けれど、祖父の場合はまた別格です。常に肌身はなさずシャーレを懐に持ち歩いていたといいます。倒れるその瞬間まで麹菌のシャーレを抱えていたのです。研究者の1人として頭が下がる思いです。

日本で製造されている焼酎の約8割はこの「河内菌」を使用しているそうですが?


はい。祖父の開発したこの「河内菌」は、当時は残念ながら受け継ぐものがなく、一時は存続が危ぶまれたのですが、義父が苦心の末、再現したのです。麹造りは温度、湿度管理が命で、昼も夜も無しの作業となります。

義父は片道10kmも離れている「河内屋」に夜中でも通い、寝食を忘れ、種麹づくりに没頭したそうです。そして見事に祖父の種麹を再現することに成功したのですが、杜氏の腕や酒造メーカーによって焼酎の品質に差がですぎたのです。それを一定の品質に保つために義父正明が開発したのが、自動製麹装置です。この装置は、熟練した職人が最高の技術を駆使してつくりだす麹と同じレベルの品質を安定してつくりだす画期的なものでした。この自動製麹装置により、安定した麹菌の製造が可能になり、日本全国に焼酎ブームが巻き起こることとなりました。

こうして話してしまうと、簡単なことのようですが、義父の苦労と努力も並大抵のものではありませんでした。10年がかりでこの装置を完成させたそうですが、その根底には、祖父の開発した「河内菌」を絶やしたくない、その名前に傷をつけたくない、という強い思いがあったのです。

夫の正博は別の側面から麹にかかわっています。焼酎ブームにより大量に排出されることになった焼酎廃液を麹菌で処理しようとしています。日本中の約8割が「河内菌」2代目の努力が全国に焼酎ブームを巻き起こした。

それぞれがそれぞれの個性と発想で麹にたずさわっているということですね。


はい。親子三代それぞれが全く違う発想で麹とかかわり続けているところが私からみるととてもユニークですね。最初は電気や熱処理をこころみていたようですが、うまくいかず、結局麹を使うことで処理システム完成させたのですから。結局どこまでいっても、麹から離れられない麹屋ということなのでしょうね。

私も縁あってこちらに嫁いできましたが、麹にひきつけられたのかもしれませんね。麹は日本人の生活に息づく文化だと考えています。例えば、みそ汁、醤油、酢、漬け物、甘酒、清酒など。麹は日本人の生活に探く入り込んでいます。朝1杯のみそ汁を食卓にのせることも、麹の力を知っていた先人の知恵なのです。麹には体内の消化酵素を増やし、代謝を良くして、疲れをとる働きがあります。日本人は麹を上手に生活に取り入れ、毎日を元気にすごす方法を知っていたのです。

「麹の華」というドリンクは、その麹のパワーを凝縮したもので、体調不良や疾病にお悩みの方から好評をいただいております。これからも、麹の良さを伝えてきたい。今こうして麹に関われる仕事ができることを幸せに思います。